すぐ実践できるのでオススメ!!ピークコントラクション法

【筋トレ】ピークコントラクション法 トレーニング
この記事は約5分で読めます。

筋トレをしているとより効果のあるトレーニング方法を追い求めてしまいますよね?

皆さん新しいトレーニング法を試してみたり、極端に重量を上げてみたり様々な方法を試しているとは思います。

しかし、筋トレのメニューや動作を変えずにちょっと動きを止めるだけでこれまでのトレーニングより効果を獲る方法をご存じでしょうか?

今回はこれまでのトレーニング中にちょっと動きを止めるだけで驚くほどの効果をもたらすピークコントラクション法を書いていきたいと思いますので、良かったら最後までお付き合いください!

 

スポンサーリンク

ピークコントラクションとは?

ピークコントラクション法とは…

ピーク(Peak)=頂点

コントラクション(Contraction)=収縮

書いてそのままですが、トレーニング中最も筋肉が収縮した状態を1~2秒程度キープすることで、筋肉に強烈な刺激を与えるトレーニング方法になります!

ピークコントラクション法のやり方

ピークコントラクション法のやり方は先程も書いたように、筋肉が最も収縮した状態を1~2秒キープするやり方になります。

詳しくやり方を説明すると…

 

  1. スタートポジションから通常のスピードでトレーニング動作を行なう
  2. 筋肉が最も収縮したトップポジションを1~2秒程度キープする
  3. 可能であればゆっくりとスタートポジションに戻す

 

というめちゃくちゃ簡単で明日から誰でも始められるトレーニング法になります!

ちなみに【2.筋肉が最も収縮したトップポジションを1~2秒程度キープする】の時に『ウッ!!!』っとなるくらい全力でキープすることでより効果が高まります!!

 

これが簡単にみえて効果があるので本当にオススメです!!

 

ピークコントラクション法のメリット

誰でも簡単に試すことができるピークコントラクション法ですが、もちろんメリットとデメリットがあります。

まずメリットは誰でも簡単に試すことができるということになります!

トップポジションの最も筋肉が収縮した状態で1~2秒動きを止めてキープするだけなので、次のトレーニングからでも試すことができるのがメリットですよね!

 

ピークコントラクション法のデメリット

反対にデメリットは、コントラクション種目しかできないということになります!

つまり、収縮する種目はこのピークコントラクション法を使う事ができるのですが、プレス系の種目には使えないというデメリットも持ち合わせています。

もう少し詳しく説明すると、同じ脚の種目でレッグエクステンションには効果絶大ですが、レッグプレスには効果がありません。

また、デメリットというよりも注意点になりますが、高重量ではおこなえないので気をつけましょう!

 

ピークコントラクション法 おすすめ種目

ピークコントラクション法 おすすめ種目

ピークコントラクション法において効果のある代表的な種目をいくつか書き出していきたいと思いますので、参考にしてみてください!

 

  • ケーブルクロスオーバー(胸)
  • ラットプルダウン(背中)
  • レッグエクステンション(脚)
  • レッグカール(脚)
  • サイドレイズ(肩)
  • コンセントレーションカール(上腕二頭筋)
  • プッシュダウン(上腕三頭筋)

 

 

ピークコントラクション法に向かない種目

ピークコントラクション法に向かない種目

逆にピークコントラクション法に向かない種目も書き出していきたいと思います。

 

  • ベンチプレス(胸)
  • スクワット(脚)
  • レッグプレス(脚)
  • ショルダープレス(肩)
  • ナローベンチプレス(上腕三頭筋)

 

プレス系やスクワットなど高重量を扱い、かつコントラクション系種目以外の種目に限られます。

すぐに実践できて万能のピークコントラクション法ですが、高重量を扱う多関節種目やストレッチ種目には向いていませんので間違っても試さないようにしてください!

 

まとめ

腕や背中のトレーニングに関しては割とどの種目もピークコントラクション法に向いているので、どんどん試していきましょう!!

代わりに多関節種目に関してはフォースドレップ法などで追い込むようにするのがオススメです!!

 

というわけで、最後まで読んでいただいてありがとうございました!

この記事がいいなと思ったり参考になったと思ったら、SNSなどでシェアしていただけるとモチベーションが上がりますので、ぜひぜひよろしくお願いします(^-^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました